プロペシアはミノキシジルと併用すれば効果が上がる

公開日
2019年9月10日
更新日

プロペシアはミノキシジルと併用することで効果が上がる

AGAの症状が出てしまっても、現在ではプロペシアなどを服用することで改善することはできます。

プロペシアの服用についてはミノキシジルと併用することがおすすめです。発毛効果を強く、速く実感することができるとされています。実際に、AGAの治療を行っている各種クリニックでも両方が処方されることが多いです。

プロペシアは、抜け毛を抑える効果があり、ヘアサイクルを正常に保つことで発毛効果が得られます。また、ジヒドロテストロンの生成を抑制するのです。

ミノキシジルは、発毛を促す効果を発揮することができ、毛乳頭細胞を活性化させることができます。この2つの薬は、似ているようで実際には異なる効果を発揮しています。プロペシアは、男性ホルモンを良好にすることができ、髪の毛の成長期を長く保てるのです。

ミノキシジルは、その効果をサポートするような機能性を持っています。併せて服用すると、現在では最強のタッグとして理解しても問題はありません。この方法で服用を約6か月以上経験すると、多くの方がAGAの問題をクリアしています。

プロペシアと併用するミノキシジルは発毛効果がある

ミノキシジルは、発毛効果がある薬剤です。

プロペシアは、ミノキシジルと併用することでより一層効果を高められます。いずれもヘアサイクルを良好に保つことに機能しますが、ミノキシジルは異なります。

ミノキシジルは、成長因子を改善することで、薄毛を解消できると研究されています。具体的には、毛根が弱まっている中で服用を継続すると、毛根だけではなく、その下の血管を拡張させ、血流をアップさせることに成功できます。

AGAが進行している人は、毛乳頭細胞が死滅してしまっている可能性が高いです。ミノキシジルを服用することで、毛乳頭細胞を再生できます。また、その中にはVEGFとFGF-7という成長因子を上げることができます。

ミノキシジルは、新しい毛細血管を作り出すという効果を持っています。AGAが進行している人にとって、効果を実感できるのです。
プロペシアとミノキシジルは、発毛効果が実証されている薬です。AGAの治療においては欠かせない薬になります。

プロペシアと併用すべきはミノキシジルローション

プロペシアを服用してAGAを克服しようと考えている人は、ミノキシジルを併用しましょう。

既に臨床試験で良いデータを出している薬を用いましょう。このタイプの薬の中でも併用すべきものは、ミノキシジルローションです。国内ではリアップがかなり有名で、ロングセラー商品になります。同じようなローションタイプでは、ロゲインやジェネリックに該当するポラリスなどを利用できます。このタイプの薬は液体状で販売されています。スプレー式やミスト式などが存在するのです。頭皮に直接に塗布してマッサージを行い、頭皮に浸透させるという使い方です。

一方で、ミノキシジルの中にはタブレットタイプも販売されています。内服薬のミノキシジルは、ミノタブと呼ばれているのです。ミノタブは、発毛薬ではなく、血圧を下げる効果が大きく、育毛効果については疑問が残ります。

また、タブレットで販売されているものの中には、粗悪品なども含まれている可能性が高いです。直接に体内に入れる錠剤でもあるので、マイナス効果が別に出てしまうという可能性もあります。そのため、プロペシアと併用するならば、ローションタイプを選択しましょう。