• ホーム
  • AGAの人に共通する悪い生活習慣

AGAの人に共通する悪い生活習慣

AGAとは、別名男性型脱毛症とも呼ばれ、男性に多いです。思春期を終えた頃から髪の毛にコシやハリがなくなり、髪の生え際や頭頂部、つむじ辺りを中心にだんだんと薄くなってきます。
寝起きの枕などに髪の毛が落ちているということもAGAであるという証です。AGAは生活習慣を見直し、改善していくことによって進行を遅くすることができます。喫煙はAGAの進行を早めてしまいます。AGAの主な原因として男性ホルモンが影響しているためです。

喫煙をすると、禁煙している人に比べて男性ホルモンが多く出ているということがアメリカの研究でわかっています。喫煙を止めることが薄毛予防につながるのです。また、過度な飲酒も薄毛を促進させてしまいます。
アルコールを摂取すると、それを分解させるためにアミノ酸がたくさん使われます。
アミノ酸は髪の毛を作るのにとても大切な成分です。アルコールを分解するためにアミノ酸が使われてしまうと髪にまで栄養が回らず、結果薄毛を進行させてしまうのです。また、飲酒をすると、同時に糖分も摂取してしまうため毛穴に皮脂が溜まってしまうこともあります。
そうなると髪が抜け落ちる原因となるのです。多少の飲酒であればストレス発散などの良い影響もあるのですが、摂取し過ぎてしまうと体に悪影響を与えてしまうことになります。睡眠不足もAGAの進行に関わりがあります。
人間は夜の22時頃から2時頃に成長ホルモンが多く分泌されます。この成長ホルモンは髪の毛にも大きな影響を与えます。この時間帯に熟睡していないと成長ホルモンは十分に分泌されません。睡眠不足によってこの時間帯に寝ることができていないと髪が成長する機会を逃してしまうのです。

また、日中に傷んだ髪の毛は寝ている間に補修されます。そのため、十分な睡眠時間を確保できていないで、睡眠不足の状態だと髪にとっては良くないことばかり起きてしまうのです。睡眠時間をきちんと確保することで、髪の毛は綺麗になっていきます。
また、普段からの食事を見直すことも大切です。欧米化した食事は動物性を多く摂取してしまいますが、この動物性には男性ホルモンの分泌を促進させる働きがあります。脂っこいものを好んで食べていると動物性を過剰に摂取してしまい、薄毛につながってしまうのです。
また、脂をたくさん摂取すると頭皮の皮脂も増え毛穴を詰まらせてしまうことになります。栄養のバランスを考えた食事をするように心掛けることが大切なのです。

正しい生活週間はAGA予防にも繋がります

AGAと生活習慣は深い関係があるのです。AGAにとって良くない生活習慣を改めることで予防することができます。しかし、AGAが進行し薄毛や抜け毛が進んでしまっている場合、普段からの生活習慣を見直し改善していくことだけではあまり効果が期待できません。
AGAを良くしていくことが困難なのです。しかし、AGAが進行してしまっていても生活習慣を改善していくことには大きな意味があります。健康的な生活習慣を送ることは、髪の毛の健康にとっても良いことです。髪の毛の健康にとって有意義なことなのです。
そのため、AGAが進行しているからといって髪の毛のことを考えずに悪い生活習慣を送り続けることは良くありません。実際に薄毛や抜け毛になる前から、普段からの生活習慣を改め、健康に気をつけた生活習慣を送ることがAGAの一番の予防となるのです。

若いうちはAGAの存在を気にすることはありません。そのため知らない人もたくさんいます。若いときにしてきたことが歳をとってから薄毛や抜け毛につながると正しい生活習慣をしてこなかったことに後悔してしまいますが、今からでも遅くはありません
正しい生活習慣を送り続けることで、現状よりも良い状態へしていくことができるのです。これからの進行の予防になります。

人気記事一覧